世の中のどこかでは伐採が行われていることは何となく知っていました。 とは言え日常で深く考えることはなく、それは・・・