動画制作は様々なものがあり、日常のものから仕事のもの、運転中のものなど色々なものが対象になります。
動画制作するには、ビデオを回して撮影することになりますが、撮影することが難しいものが運転中のものになります。
運転中の映像を制作することも楽しいことですが、注意しなければいけないこともあります。
運転することは、常に周りに注意を払わなければいけないため、撮影する方法も限られてくるので気をつけなければいけません。

法律違反にならないように注意

運転中の動画制作を行う際に行う方法として、ドライブレコーダーを使って撮影するか自分以外の人に撮影してもらうかの二択になります。
運転中の映像を制作することは、犯罪動画じゃないので撮影することは大丈夫ですが、運転手が撮影することは危険なため行ってはいけません。
そのため、道交法には違反しないように撮影することが大切です。
道交法には違反しないようにするには、自分以外の人に撮影してもらう場合もいえることです。
助手席や後部座にいる人に、撮影してもらう際に気を付けてもらいたいことが、座席を移動したりして撮影しないようにすることです。
走行中はシートベルトの着用が義務付けられており、前席も後席も着用しなければいけません。
そのため、助手席にいるのに後部座席にいって撮影したりはしないようにしましょう。
後部座席からの映像を撮影したい場合などは、後部座席にも人を乗せてその人に撮影してもらうようにすることが大切です。

ドライブの記録にもいいね

運転中の映像制作は、運転している動画の札性だけになってしまいますが、ドライブの記録にも最適なものです。
運転していると景色を見ることはできても、じっくりと見ることは難しいものです。
しかし、ドライブレコーダーや一緒に乗車している人に撮影してもらっていれば、後からゆっくりと動画を確認して景色などを楽しむことができます。
このようなことがあるので、運転中の動画撮影は楽しいものになります。
しかし、運転中の動画を後から見ることは楽しいことですが、その時に自分の目でじっくりと見ることも楽しむためには必要なことです。
一人で乗っている場合にはできませんが、運転免許を持っている友人などと一緒にドライブに行って動画撮影をしている場合は、途中で運転を代わってもらうことも大切なことです。
一人で長時間運転することは疲労も伴いますが、景色を十分に見ることができません。
運転を交代しながら、綺麗な風景を眺めたりすることも大切なことになります。